2014北海道ツーリング 7/18 宗谷丘陵・宗谷岬・稚内フェリーターミナル

北防波堤ドームを見て、ちょっと時間が早かったので、宗谷丘陵と宗谷岬を先に見ておく事にします。
まあ両方とも初では無いので、さらっと写真を撮影するだけですが。

と、宗谷丘陵に向かう途中思い出しました・・・やべぇジャージ忘れた!折角ランニング用の短パンとか準備しておいたのに、丸ごと置いて来ちゃった~とりあえず、スポーツ用品店を走りながら無いかと見ていきますが、ありません。多分違う所にあるのでしょうけど、私の通るルート上には無かったので、スーパーで安いジャージを購入してごまかす事に、上はまあTシャツならあるし、それで我慢しよう。

そうこう考えて居るうちに、宗谷丘陵到着
2014-hokkaido-029.jpg

んー天気悪いですねぇ~まあ眺めも悪いしサクサクと宗谷岬へ移動
今年は19.1度でした。
2014-hokkaido-030.jpg

それにしても、曇り空です。ガッカリだよ!
2014-hokkaido-032.jpg

チラチラと観光地を見ていると、時間が丁度良くなってきたので、稚内にあるSAIJOを目指します。
SAIJOは1階は食品売り場、2階は洋服なんかを扱っています。間違いなくジャージも置いてあるでしょう。
出来ればノーブランドの格安ジャージが手に入れば言う事ありませんが。

SAIJO到着して、早速スポーツ用品と書かれている方へ向かいます。
おージャージ有ったよ!って高い!!ブランドなんかはどれでも良いのでただ単に安いのを選択。
4000円もしたし!と無駄なお買い物をしていると、いよいよ時間が迫ってきました。

稚内フェリーターミナル
2014-hokkaido-034.jpg

何しに来たか?そりゃ島に渡る為でしょ!
2014-hokkaido-035.jpg

人とバイク(750未満)で、片道6610円です。
10回目の記念の北海道ツーリングで遂に利尻島に上陸します。

ちなみに、利尻島を目指した理由は簡単で、この日の午前中もそうでしたが、利尻富士が綺麗に見えた事が無い!!じゃあ近くに行って見てやろうじゃ無いか!って単純な理由です。

明日からは、利尻編が始まります。



にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ

2014北海道ツーリング 07/18 北上・北緯45度・ノシャップ岬・北防波堤ドーム

実家には3泊する予定でしたが、天気予報を確認すると3泊後の天気が微妙です。
今回のメインイベントは荒天では決行出来ないので、天気の良いうちに済ませてしまいたい。
と言う事で、翌朝早速出発です。

今日は時間が勿体ないので、旭川北ICから高速一気で行きます。
士別剣淵ICで下りた後は風連まで行って、国道を離れます、名寄美深バイパスは、名寄ICからだとちょっと遠回りなので、名寄北までは裏道を一直線に北上しちゃいます。智恵文で国道に戻った方が距離的には近いですが、美深北まで行きます。
美深北で国道に戻ったら、道の駅びふかはスグそこです。

2014-hokkaido-017.jpg

天気はまあ快晴とは行きませんが晴れですね。
2014-hokkaido-016.jpg


ここまで来て時間に余裕がある事を確認。当初はそのまま国道を北上して稚内を目指す予定でしたが、手塩に向かいオロロンを北上して、利尻富士でも眺める事にします。

ちょこっと眠かったし、トイレ休憩に道の駅てしおにて休憩
2014-hokkaido-018.jpg

手塩から道道106号に入ります。
オトンルイ風車群が目に入りますが、何度も見てますので、見てるだけーで通過
そして間もなく北緯45度モニュメントに到着
2014-hokkaido-019.jpg

2014-hokkaido-022.jpg

ん~もやっていて利尻富士は見る事が出来ません。もう相変わらず過ぎで期待もしていませんでしたが。
写真の儀式を済ませて北上を始めます。

左右には、サロベツ原野が広がっていますが、まあだだっ広い原っぱなんですよねぇ~木道とか歩けば色々と発見はあるかも知れませんが。

寄り道する事無く、サロベツ原野内を走り抜け、ノシャップ岬に到着
2014-hokkaido-023.jpg

振り返ると相変わらず謎の施設があります。丸いの転がってきそうですねぇ~
2014-hokkaido-024.jpg

晴れているけど、なんだか靄って感じで遠くは見通せません。時間は余裕タップリなので、北防波堤ドームを目指します。
久々に北防波堤ドームに来ました。
2014-hokkaido-025.jpg

とりあえず時間もあるし、靄ってるけど宗谷丘陵でも行って来るかな!

と言う事で次回に続きます。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ

2014北海道ツーリング 07/17 ホクレンフラッグ1本目ゲット・帰省(1回目)・ホクレンフラッグ2本目ゲット

ちょっと長期家を空けていたので、録画した番組がたまっており消化が大変です。
テントや寝袋を干して、録画した番組を見ながら更新していきます。
驚いた事に、再発行手続きしたカード類の不在連絡票がすでにポストに入っていた事でしょうか。郵便は言わないと再配達してきませんが、セキュリティヤマトは先ほど再配達に訪れてきました。郵便局に行ったり等、再発行手続きも面倒です。

さて前回の続きです。

指定スタンドでサービスの5リットルだけ給油したのには、実は訳があります。
給油は少ない回数の方が、沢山走れるので、一回で済ませてしまう方が効率が良いですが、北海道ツーリングするものとして、ホクレンフラッグは外せない訳です。

ホクレンSSライダーキャンペーン2014

リンク先を確認すると、フラッグの色に対応したエリアが確認出来ます。
今回は、道北と道東をメインなので、黄色のフラッグをゲットするには、初日か最終日位しかありません。
それなら、初日にゲットしておきましょう。と言う事で、千歳市内にあるホクレンを目指します。

駅からちょっと入った所にあるので、探しにくいかもしれませんが、空港から千歳市内に向かい、千歳駅を通過したら、二つ目の信号(栄町7)を右折し、末広高台通に入るとホクレンに到着します。
2014-hokkaido-011.jpg

2014-hokkaido-010.jpg

千歳から、とりあえず実家のある旭川に向かいます。実家は旭川北ICからスグの所にあるので、近くのICから高速に乗れば良いのですが、平日だし勿体ないので、夕張から下道を北上するかと思いましたが、岩見沢まで下道で行き、岩見沢から高速一気と決めました。夕張からの下道でも良かったのですが、実家に伝えていた到着時刻から大幅にズレそうだったのです。

まあ迷う事無く岩見沢まで直線的に広域農道を進みます。
休憩無しで行くつもりでしたが、去年一番のトラブルを起こしたスタンドの写真を撮るべく、砂川SAに入ります。

とりあえず、ガラナで休憩
2014-hokkaido-012.jpg

きちんとバイク用スペースに駐車
2014-hokkaido-014.jpg

で、コチラが去年燃料噴出事件を起こしたスタンド
2014-hokkaido-013.jpg

あの湧き水かよ!って突っ込みたくなる程のガソリンの溢れ具合は忘れる事が出来ません。

などと、一服してガラナを補給したら、一気に走ります。

近所のセイコーマートにて、タバコを補給して帰省(1回目)しました。
2014-hokkaido-015.jpg

気になったのが、セイコーマートの看板・・・以前からこんな丸書かれてたかしら?
まあ気にしない!向かい側のホクレンにて、2本目のホクレンフラッグゲットです。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ

2014北海道ツーリング 07/17 初めてのスカイツーリング

ようやく帰ってきました。今回は今までの北海道ツーリング中最長の13日間でした。こんなに長いのに移動が一番楽なハズのスカイツーリングまで利用しちゃってます。色々落としたり無くしたりと、散々な目に合ったりしましたが、録画しておいた、ツールdeフランスを見ながら、無く書いていきたいと思います。今回は細かく記録を!と思って色々と残していたのですが、紛失してしまっていますので、いつも通りザックリとになりますが・・・

出発は、予定通り10時頃、スカイツーリングでは指定のスタンドでガソリンを抜く必要がありますので、まずは指定スタンドを目指します。羽田近辺の土地勘はありませんので、ナビをセットします。まあ給油量を調整しており、スタンドに到着する頃には、2リッター残し位になるはずです。

ナビに従って首都高を久々に走行。やっぱりペースが速いですよね。フル装備での走り初めなので慎重に行きます。

ほぼ予定通りの時間に指定スタンドに到着。走り出してスグに燃料ランプも点滅に入り、残燃料も計算通り。
スタンドで燃料の残を伝えると、抜く必要なしとの回答、またそれだけ残っていれば、補充する必要も無いとの事。
一応貨物で聞かれたら、抜いて足したと伝えて欲しいと言われ、貨物ターミナルを目指します。

貨物ターミナルこそ行った事は無いので、スタンドで一応場所を確認。思っていた方向であっている様です。
ただ近くまで来るとやはり悩んでしまいました。
「西貨物?」
んーANAの貨物ターミナルなんだけどなぁ~と思い、送られてきていた工程表を確認します。どうやら西貨物で正解らしい。

スタンドからはこの看板を目指して行きましょう。
2014-hokkaido-001.jpg

左折すると、ゲートが見えますので、ゲートにて入場手続きをしましょう。
2014-hokkaido-002.jpg

受付はゲートを入って右手にあります。
各種書類に、名前や住所等を記載します。
積み込みは、反対側になりますので、バイクを移動させます。
移動後、バッテリーを自力で外します。工具の貸し出しはしないとの事でしたが、言えばなんか貸してくれそうな感じでした。外した端子を固定するのに、マスキンを貸してくれました。

台座への積み込みは、お任せでした。
積み込みの様子も見ていませんので、実際の様子は分かりません。

傷の確認等が済んだら、キーは付けたまま旅客ターミナルへ移動します。
移動には、徒歩でも良いのですが、循環バスを使うと楽です。概ね15分おきにバスが来ます。
旅客ターミナルに移動したら、後は普通に飛行機に乗るように搭乗手続きを進めます。

手荷物検査も普通にやりますが、うっかりカバンにライターを4つも入れたままでした・・・
係の人に、「カバンに大量にライターの様な物があるんですが・・・中を確認します!」と言われ焦りました。
もちろん何かしようと企んでした訳ではないので、素直にすべて廃棄しました。
いやいやビックリです。
それにしても、1個しか持ち込めないライター・・・手荷物検査後の喫煙所で2個目が出てきました・・・なんで???

ターミナルでの食事は高くて勿体ないのですが、空腹には勝てませんでした。

柿の葉寿司!
2014-hokkaido-003.jpg

なんだかんだ悩みつつも贅沢しちゃいました。
2014-hokkaido-005.jpg

葉を外した写真は撮り忘れですが、美味しかったですよ!

食事を取ったら搭乗です。
離陸したら、約1時間半で新千歳空港に到着です。

新千歳空港に着いたならば、旅客ターミナルから、貨物へ移動する必要があります。
貨物への移動は、タクシーで移動するのが楽でしょう。間違いありません。が、今回は徒歩にて移動してみました。資料によると15分ほどらしいです。

2014-hokkaido-006.jpg

ここから空港を離れて、アンダーパスの歩道を歩いて行きます。
歩いて行くと、右手には指定スタンド、左手には政府専用機のハンガーが見えます。
2014-hokkaido-008.jpg

たまたま駐機していて、垂直尾翼が見えますね。まあ、あんまり珍しくも無いですよね。
指定スタンドをとりあえず右折していくと、貨物ターミナルが見えてきます。
2014-hokkaido-589.jpg

ここは注意が必要で、向かって右側が出口、左側は入り口となっています。徒歩の場合は間違わないように気をつける必要があります。ちなみに、ANAのカウンターは入り口側にあります。
入り口ゲートでは簡単な記載と身分証の提示が必要なのは、羽田と変わりません。

貨物に到着すると、すでに3名の方々がバッテリーの取り付け等を行っていました。
やはりタクシーで来たのでしょうか?バスと言う手段もあるのですが、貨物の前までは来ないので、若干不便かなぁと思います。
2014-hokkaido-009.jpg

4台でしたの、台座も4つ置かれています。

バイクの引き取りの手続きが終われば、バッテリーを装着して出発です。
出口側のゲートで、立ち入り証を返納して、晴れて北海道の地を走る事が出来ます。
指定ガソリンスタンドでは、5リットルの給油を無料で受ける事が出来ます。
通常なら満タンにする所でしょうが、5リットルのみ入れて貰います。
5リットルの領収書を貰い、いよいよ2014北海度ツーリングの始まりです!!

淡々と次回に続きます。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ

北海道ツー現地レポ13日目


無事帰宅
写真整理しつつ更新していきます。
なんだかあんまり疲れてないぞ?


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ

カレンダー(月別)
06 ≪│2014/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
ツイッター
キャンプ用品

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山フライパン 17cm 667651【あす楽対応】
価格:2900円(税込、送料別) (2016/7/24時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー M 667644
価格:5200円(税込、送料別) (2016/7/24時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山ケトル 700 0.7L 667729【あす楽対応】
価格:3000円(税込、送料別) (2016/7/24時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ミニロースター 665817【あす楽対応】
価格:1800円(税込、送料別) (2016/7/24時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ちびパン2×2 666401【あす楽対応】
価格:3600円(税込、送料別) (2016/7/24時点)